2010年03月05日

衆院予算委、自民抜きで進行(産経新聞)

 衆院予算委員会は26日午前、審議復帰を表明した自民党も参加しての分科会が行われる予定だった。ところが、委員会運営をめぐる同党と民主党との主張の相違から、午後に開かれる社会保障をテーマとした集中審議まで自民党が欠席する事態となった。

 午前までとなっていた分科会の運営をめぐり、自民党は午後まで延ばすよう求めた。民主党は拒否し、逆に自民党抜きで開催するよう進めた。

 また、民主党の山岡賢次国会対策委員長は、平成22年度予算案を3月2日に衆院通過させるため、自民、公明両党の国対委員長に26日午前に会談を開きたいと呼びかけたが、自民党の川崎二郎国対委員長は応じなかった。

 一方、予算委を除く委員会では自民党は審議に出席した。

【関連記事】
自民が国会審議に復帰 衆院議長不信任決議案などは否決
自民、審議拒否を続行 「子ども手当」法案、午後に審議入りへ
地方選勝利の勢いで自民が強気の審議拒否
自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め
国会運営「なめられっぱなしだ!」 自民、副幹事長から執行部に厳しい声 

<山下清展>放浪中の日記なども公開 堺で開幕(毎日新聞)
<野口宇宙飛行士>ISSに別れ 6月2日地球に帰還(毎日新聞)
日本到達の津波は3〜1mの高さ…気象庁(読売新聞)
速度違反し逃走図る…山口大の学生支援部長逮捕(読売新聞)
総本山善通寺で稲穂投げ 香川(産経新聞)
posted by アリイズミ ヒデヒコ at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

<鳩山首相>朝鮮学校生徒との面会検討へ 高校無償化法案で(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日の衆院予算委員会で、高校無償化法案の対象に朝鮮学校を含めるかどうかに関連し、朝鮮学校の生徒との面会を検討する考えを示した。社民党の阿部知子政審会長の質問に答えた。

 首相は2月25日に「どういうことを教えておられるか必ずしも見えない」と朝鮮学校を対象外とする方向を示唆している。阿部氏は、首相発言に触れ、「首相の真意が伝わっていないのではないか。ぜひ朝鮮学校の子供たちに会ってほしい」と求めた。首相は「必ずしも私の発言の真意が伝わっていないかもしれない。(対象を定めた)省令を決める前に、子供たちに会うことは私としても大いに結構だ」と述べた。【鈴木直】

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢氏と参院選に向け会談
個所付け通知:前原国交相を注意 鳩山首相
個所付け:鳩山首相が陳謝 国交相らの処分検討
バンクーバー五輪:「頑張ってくれた」鳩山首相たたえる
チリ地震:医療チーム派遣 鳩山首相が方針

吉川元光
元部下、2人殺害認める=強盗目的は否定−裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)
トヨタへの対応に偏り…公聴会(レスポンス)
<裁判員裁判>取り調べDVDを上映 佐賀の強盗殺人事件(毎日新聞)
セリア油田
posted by アリイズミ ヒデヒコ at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

「隠れてないで出てきなさい!」 大阪府警が警察官募集ポスター(産経新聞)

 「隠れてないで出てきなさい!」。大阪府警は3月1日から始める平成22年度第1回(春)警察官採用の募集に伴い、こんなキャッチフレーズのポスターを作製した。

 ポスターはコンペに出品された50作品から選ばれた。若者が就職先を模索している状態を“立てこもり”と見立て、そこから抜け出て警察官を目指してほしいとの思いが込められているという。

 募集は男性約410人、女性約50人。ポスターには「優秀な若者に告ぐ」とあるが、担当者は「能力も大事だが、何よりも志が重要。正義感とやる気のある人に来てほしい」と話している。

【関連記事】
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分
ハイテク捜査最前線 解析技術向上、情報共有も
「府民の盾になるねん」 大阪府警アメフットチーム奮闘中
大阪で「近畿の警察官」表彰式を開催
大阪府が全国初の貸金業者実態調査実施へ

<新聞7社>販売ルール厳守で共同声明 福岡、山口(毎日新聞)
紀勢線の運転取りやめ=JR西日本(時事通信)
「排出口詰まり逆流」=放射性廃液漏れの調査結果−浜岡原発(時事通信)
<地震>沖縄で震度5弱 津波警報発令(毎日新聞)
日曜はダメよイタリア約80都市が自動車一斉締め出し(レスポンス)
posted by アリイズミ ヒデヒコ at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。