2010年02月22日

<総務省>年金業務監視委を設置…機構の業務チェック(毎日新聞)

 社会保険庁の後継組織として1月に発足した日本年金機構の業務をチェックする総務省の「年金業務監視委員会」(座長、郷原信郎・名城大教授)が16日、設置された。

 委員は郷原氏や社会保険労務士ら計6人。年金記録問題への対応や業務全般、年金機構を所管する厚生労働省年金局の監督のあり方も監視する。月1度程度開き、年金機構側から業務の進行状況などを聴取。委員会が必要と認めれば、総務相の判断で総務省行政評価局などが個別案件の調査も行うという。

 前政権時代に設けられた有識者会合の総務省年金業務・社保庁監視等委員会は、昨年12月に解散している。

【関連ニュース】
厚生年金:脱退手当金の算定期間漏れ19万人
知的障害者「基礎年金」:継続就労で相次ぐ減額や支給停止
分限免職:31人が不服申し立て
年金不正後払い:旧社保庁担当者ら218人厳重注意処分
日本年金機構:業務始まる 「信頼回復」へ不安と期待

巨人・加治前のグラブなどを盗んだ男逮捕(読売新聞)
<桜の開花日>木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)
<普天間移設>社国両党の提案聴取後、政府内で絞り込みへ(毎日新聞)
不況に夢「家のローン一括返済」 グリーンジャンボ宝くじ発売(産経新聞)
国内最長寿の還暦ウミガメが名前募集中 徳島の博物館(産経新聞)
posted by アリイズミ ヒデヒコ at 13:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。