2010年04月24日

<偽装献金>判決は20分弱 使途解明はされないまま終了(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相の「政治とカネ」を巡る事件で政治資金規正法違反に問われた元公設第1秘書、勝場啓二被告(59)を有罪とした東京地裁の判決公判は、残された多くの謎に一切答えることなく20分足らずで終わった。母安子氏(87)からの資金提供は虚偽記載と認定された4億円余をはるかに超える12億4500万円に上るにもかかわらず、詳細な経緯や使途は未解明のまま。首相の不起訴処分の是非を判断する検察審査会の議決が注目される。【伊藤直孝、杉本修作、青木純】

 鳩山首相は22日の衆院本会議で、検察に任意提出した資料の国会提出を求められたが、「弁護士と相談し、プライベートな部分は必ずしも公表する必要はないと考えている」と述べ、21日の党首討論と同様に否定的な考えを示した。

 以前は「すべてが終わってから書類の返還を(検察に)求め、そこで皆様方に見ていただきたいと考えている」(3月3日の参院予算委員会)と述べていた。

 このため自民党の新藤義孝氏は「どうしてそんなに発言がぶれるのか」と追及。首相は「資料は返還後、自らの資金管理の抜本的改革を目的に弁護士に分析、検証してもらう」とし、「資料は検察がすべて調べ、その上で処分を下したと理解している」と「後ろ向き」の理由を語った。

 事件では▽母安子氏からの資金提供が始まった詳細な経緯▽それに対する首相の認識▽その資金の使途−−などに関心が集まったが勝場被告の初公判は2時間弱で異例のスピード結審。被告人質問での言及もなかった。

 鳩山首相は、勝場被告が在宅起訴された09年12月24日の会見で「プライベートな経費についても勝場被告が一手に処理を引き受けてくれた」と説明。母からの資金提供は「天地神明に誓って全く知らなかった」(1月21日、衆院予算委)と繰り返しつつ、判決後に検察から資料返還を受けて国会で説明する意向を表明していた。

 しかし、判決を翌日に控えた21日。公明党の山口那津男代表との党首討論で一転して資料提出を拒み、勝場被告の証人喚問などにも「昨年6月に解雇してから一切連絡を取っていない。国会でお決めいただきたい」と述べ、幕引きする姿勢をにじませていた。

【関連ニュース】
偽装献金:鳩山首相元公設秘書に有罪 東京地裁判決
偽装献金:ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇
偽装献金:鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」
偽装献金:首相元秘書、起訴内容認める 禁固2年を求刑
友政懇偽装献金:首相元秘書、即日結審へ

偽ブランド品3万8千点を処分 大阪税関(産経新聞)
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述−兵庫県警(時事通信)
米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ(産経新聞)
5月決着、先送りの可能性=普天間移設で防衛相(時事通信)
高速料金、割り引き維持=鳩山首相(時事通信)
posted by アリイズミ ヒデヒコ at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 歴史に幕(毎日新聞)

 在来線に乗り入れする初の「ミニ新幹線」として、山形新幹線「つばさ」用に開発された初代400系が18日、新庄(山形県)−東京間での最後の走行を終え、92年の開業から18年の歴史に幕を下ろした。各地の駅や沿線には多くの鉄道ファンが詰めかけ、「ありがとう」「忘れないよ」と別れを惜しんだ。

 400系車両はフル規格の新幹線と比べ一回り小さい。シルバーメタリックの斬新なデザインに鉄道ファンの人気が高く、96年度には年間約328万人が利用。老朽化に伴い、08年12月からは新型の「E3系」との世代交代が進んでいた。今後は博物館での展示を検討しているという。

 山形駅で開かれた引退セレモニーには鉄道ファン約400人が参加し、ラストランを見守った。仙台市泉区泉中央1、会社員、渡辺久志さん(46)は「400系は豪雪の中を頑張って走り続けてきた車両。寂しいがご苦労さまと言いたい」と労をねぎらっていた。【浅妻博之】

【関連ニュース】
東北新幹線:緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響
雑記帳:「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送
気象:東京都心に41年ぶり「遅い雪」…千葉は記録更新
東北新幹線:八戸−新青森駅間で走行試験
雑記帳:南部せんべいにプリント 青森・八戸

地裁執行官2人、無断設置カメラで職場監視(読売新聞)
23年度の公務員採用、抑制方針で一致(産経新聞)
障害者自立支援法訴訟7例目の和解 大津地裁(産経新聞)
<女性遺体>福岡のふ頭付近で胴体発見 諸賀さんか(毎日新聞)
厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相(医療介護CBニュース)
posted by アリイズミ ヒデヒコ at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

仙谷氏の「同日選」発言に閣僚ら非難(産経新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相が、鳩山由紀夫首相が退陣した場合の衆参同日選の可能性に言及したことに対し、20日の記者会見で他の閣僚から批判が相次いだ。

 中井洽国家公安委員長は「与党慣れしていない。解散に触れることはまったくタブーだということが染みこんでいない」と発言。赤松広隆農水相も「(同日選は)あるわけがない。選挙を知らない人が言うことだ」と述べ、千葉景子法相は「仙谷氏の嗅覚(きゆうかく)なのか、鋭い政治感覚なのか、私には分かりません」と皮肉交じりに答えた。

 仙谷氏と近い枝野幸男行政刷新担当相は「(首相退陣という)その仮定が成就しないように一生懸命やっているのが政治家、大臣としての立場だ」と指摘。前原誠司国土交通相も「解散は首相の専権事項。首相から任命をされた大臣が、軽々に発言するのはいかがなものか」と苦言を呈した。

 仙谷氏自身は「(発言を)切り取ってある種の筋書きに当てはめられるから、こういう報道が乱れ飛ぶんだ。お書きになるのは自由なので、いくらでも書いてください」と述べた。

【関連記事】
「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相
閣僚が越権発言 鳩山政権に末期症状
官房長官、仙谷氏の衆参同日選発言を批判
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
仙谷氏同日選発言に不快感 社民・福島党首
救援衣料、延べ1万トンに 大阪のNPO法人(産経新聞)
決着の定義、食い違い否定=普天間問題−北沢防衛相(時事通信)
下請代金減額は違法、日産子会社に公取委勧告(読売新聞)
5月薬価収載見送り、製造販売品目見直しへ―大洋薬品(医療介護CBニュース)
「肩代わり」法案が衆院通過(医療介護CBニュース)
posted by アリイズミ ヒデヒコ at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。